公共施設の在り方を考える。

http://seni.countrylife.shop

線維筋痛症 記事一覧

No.4 市民プールの事故から学ぶ!【線維筋痛症との闘い】

投稿日:10/14/2017 更新日:

公共施設の在り方を考える。

原因不明の病気 線維筋痛症に6年間苦しんだ中で主治医の勧めで治療法の1つとして 水泳を取り入れてきました。水泳は 肉体的 精神的に大変 良い効果を与えてくれました。全身運動でリハビリ効果もよく いつの間にか日課になりました。泳いでる時は すべてを忘れることができ ストレスが抜けるのを感じました。

線維筋痛症の 病気で苦しんでいる方には 治療 リハビリにお勧めです。

そして 私は少しずつ病気が良くなって行くのを 感じました。しかし そんな中 2017/ 7 /27 事故を起こしてしまいました。

事故の概要 前の投稿記事

プールで怪我しちゃいました 救急車で

病院へ搬送

 

プールでの水泳で 最も大事なことは 安全であること! ですよね市民プールで事故を起こし 背骨第一腰椎 圧迫骨折をしてしまいました。現在 約一か月の入院の末 三か月のリハビリ期間に入りました。しかし

事故の整理がなかなかつきません。

「安全」であるべき 公共施設で事故が起きたのにも関わらず プールの管理者は安全管理の不備を認めようとしません。私は 何度も何度も安全の不備を指摘してきたにも関わらず 施設側には「何の落ち度もない」「自己責任」であると 突き放されます。

どうしましょう?

謝罪はおろか 管理施設が掛けている 保険ですら 使おうとしません。人身事故なのに…お役所は民の味方ではないのでしょうか?

【引用】

弁護士村上英樹のブログ

(裁判例の引用)

 昭和四一年から平成七年までの間、全国で児童・生徒がプールの排水管口に身体の一部を吸い込まれて死亡する等の事故が三三件以上発生していること(うち少なくとも三一件は死亡事故)が認められる。特に、昭和五六年から昭和六一年までは、毎年一件ないし数件の同種事故が発生していた。それ以降しばらくは事故の発生がなかったものの、平成六年に長野県、大阪府及び鹿児島県でそれぞれ同種事故が発生し、平成七年に本件事故を含む二件(宮城県、静岡県)の事故が発生した。(中略)

また、文部省は、平成七年一二月二七日付けの通知(依頼)を発し、…(中略)…計三一八四六校の実態調査を行った。
右調査の結果(1)排水口の蓋の有無について、「蓋あり」が三万一五三六校(九九・〇パーセント)、「蓋なし」が三一〇校(一・○パーセント)、(2)蓋の固定方法について、[重量のみによる固定」が一万一一五七校(三五パーセント)…(引用終わり)

 

 

 

 こうしてみると,裁判所は,何度も何度も,プールの設置運営者に対して,
「このような点に注意して,安全管理を万全にせよ。」
と言ってきたということです。

裁判所が,安全不備について厳しく断じてきたことは,重要なことだと思います。もちろん,その都度犠牲者がいたのです。先進国日本,経済的にも恵まれたプールもたくさんある日本。それに相応しい安全を実現させましょう。痛ましい事故があって,国民の関心がプールの安全管理に向かっている今こそ,徹底して足もとを見直しましょう。命ほど大事なものはないんですから。
ましてや,子どもが犠牲になるのは,本当に辛い。

(引用終わり)

解決方法があれば教えてください。

続き 線維筋痛症 私も… レディーガガさん ありがとうございます。


今まであまり知られていない病気をレディーガガさんに公開していただきましたが日本にも私と同じように 線維筋痛症で苦しんでいる方がたくさんいらしゃるようです あなたのいいね!が力になります。

少しでも 病気のこと理解していただける方が増えることを 望んでいます。

宜しければ いいね!ボタン を押していただけたら幸いです。


ご意見 ご感想 体験談などお聞かせください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-線維筋痛症, 記事一覧
-, ,

Copyright© 【線維筋痛症との闘い】闘病記 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。