http://seni.countrylife.shop

ニンニク 健康 線維筋痛症 記事一覧 食品

にんにくの健康効果を<4つの効能>と<17の効果>

投稿日:

にんにくに期待できる基本的な4つの効能

にんにくには基本的な4つの強力な効能があり、それらが様々な間接的な効果に繋がっています。にんにくの基本的な効能とは次のものです。

 

抗菌、殺菌および解毒を行う効能

にんにくには強力な抗菌・殺菌、解毒作用があります。これはにんにくのニオイの元であるアリシンという成分によるものです。

ビタミンB1の吸収を高める効能

にんにくが疲労回復や滋養強壮に効果的なのは、にんにくにビタミンB1の吸収率を高めたり、ビタミンB1を貯蔵できる形に変える効能があることと大きな関係があります。

血栓を作りにくくする効能

にんにくにを食べると心臓病のリスクが減ると言われることがありますが、それはにんにくの持つ血栓を作りにくくする効能が大きく関係しています。

活性酸素を除去する効能

にんにくには活性酸素を除去する抗酸化作用があることもよく知られています。活性酸素とは様々な病気や老化の原因とされる一種の有害物質です。

にんにくに期待できる17の効果

にんにくには前述した基本的な4つの効能に加えその他にも複数の効能があり、それらにより期待できる効果が数多くあります。ここではその中から代表的なものを以下の<17>にまとめてご紹介します。

疲労回復効果

にんにくと言えば疲労回復や滋養強壮といった「元気が出る!」というイメージがあるのではないでしょうか?事実、にんにくには疲労回復の要素が沢山あります。

風邪・インフルエンザ予防効果

にんにくを食べると風邪をひかないと言われます。これはニンニクの抗ウイルス作用によるものです。

コレステロール低下・抑制効果

コレステロールは生活習慣病の大きな要因とも言えますが、にんにくにはこのコレステロール(特にLDLコレステロール)を減らす効果があるとされます。

血液サラサラ(血流促進)効果

にんにくの大きな薬効に血液サラサラ効果というものがあります。現代人は食の欧米化や生活習慣病の乱れ、ストレスなどから血液がドロドロになりやすくなっており、それは高血圧や動脈硬化などの原因とされています。

高血圧予防・改善効果

にんにくを食べると「興奮する(?)イメージ」もあることから血圧が高くなる感じもしますが、実際は血圧を低下させる作用があり、高血圧の予防・改善効果が期待できます。

動脈硬化予防・改善効果

にんにくの動脈硬化に対する効果はドイツの政府機関であるコミッションE(薬用植物を医薬品として承認する国営の評価組織)で認められており、実際の治療に利用されています。

冷え性改善効果

にんにくは冷え性に効く食材として紹介されることが多くありますが、実は研究論文等でにんにくの冷え性改善効果に言及しているものはあまり多くありません。

そもそも「冷え」とは東洋医学な概念であるため、科学的な見地から効果性を証明するのは難しいのかもしれません。

しかし、にんにくが冷え性に効くと感じている人も多くおり、また、にんにくが冷え性に効果的と言える根拠がいくつかあります。

食欲増進・食欲不振改善効果

にんにくは中華料理からイタリア料理、フランス料理に至るまで様々な料理に利用される非常に人気のあるスパイスです。にんにくが多くの料理で利用される最大の要因はにんにくの香りに”食欲をそそる”効果があるためです。

”食欲をそそる”効果というのは食欲増進効果もしくは食欲不振改善効果と同じ意味を持ちます。

消化促進・消化不良改善効果

にんにくには食欲増進だけでなく、消化不良を改善し消化を良くする効果があります。

にんにくの有効成分であるアリシンは胃の粘膜を刺激し、胃の働きを活発にしたり胃液の分泌を促進するなど消化活動を活発にする効果があります。またアリシンにはタンパク質を分解し、消化吸収を促進する効果もあります。

便秘・下痢予防・改善効果

にんにくに含まれるアリシンには腸内の悪玉菌を殺す整腸作用が期待できます。また、アリシンは胃腸を刺激し、蠕動運動を活発にする効能もあるため、便秘や下痢を改善する効果が期待できます。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍予防効果

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の主な原因は、胃腸に感染し生息するピロリ菌という細菌ということが分かっています。

ピロリ菌は胃酸の中でも生存できるほど生存力が強く、排除するためには基本的に専門の治療が必要となりますが、ブロッコリースプラウトなど一部の食品にはピロリ菌を抑制する効果があることが分かっています。にんにくもピロリ菌を抑制する食品の一つと言われています。

食中毒予防効果

にんにくには強力な食中毒予防効果があるとされます。これはにんにくが持つ抗菌・殺菌作用によるものです。にんにくの抗菌・殺菌作用は食中毒の原因となるカンピロバクターなどの細菌に対しても効果的と言われます。この効果は大腸菌O-157に対しても有効と言われる程強力です。

この抗菌・殺菌作用は主ににんにくに含まれるアリシンによるものですが、アリシンが変化したジアリルジスルフィドやアホエンなどのイオウ化合物にも抗菌・殺菌力があります。ですので、どのような形であれ、生ものを食べる時はにんにくを添えると食中毒予防の効果が期待できます。

肝機能強化・肝臓障害改善効果

肝臓は消化や栄養素の代謝、解毒など様々な働きを持つ臓器です。にんにくの肝臓に対する効果は昔から知られていました。

にんにくの肝臓に対する効果の背景には肝臓の負担を軽くすること及び肝臓を保護する働きがあります。その結果、肝機能強化や肝臓障害の改善効果が期待できるのです。

二日酔い予防・改善効果

二日酔いには「にんにく注射」が効果的と言うのを聞いたことがあるかもしれません。実際にはにんにく注射にニンニクは入っていませんが、ニンニクと似た成分(ビタミンB1誘導体等)が含まれておりニンニクのような効果が得られるようにしています。

つまり、にんにく注射が二日酔いに効くということはニンニク自体も二日酔いに効果的と考えられているわけです。

癌(ガン)予防・抑制効果

にんにくの効果・効能で最も注目されているのは癌(ガン)に対する作用かもしれません。

にんにくの癌(ガン)に対する効果・効能が広く知られるようになったのは、アメリカ国立癌研究所 (NCI) によるデザイナーフーズプロジェクトでにんにくが「癌(ガン)に効果のある野菜」としてトップランクにあげられてからです。

アンチエイジング(老化防止)効果

にんにくのアンチエイジング(老化防止)効果は主に2つあります。一つはにんにくに含まれるイオウ化合物やビタミンEなどによる抗酸化作用です。

シワやシミ、白髪や白内障など老化に関わる症状には活性酸素が大きく関わっています。これを除去する働きが抗酸化作用です。

もう一つは血管の健康を保ち血流を良くする作用です。血管の衰えは動脈硬化等の原因となるだけでなく、血流を悪くして老化の原因となります。

にんにくに含まれるアリシンなどの成分は、コレステロールを抑制したり血栓や過酸化脂質をできにくくして血管が衰える原因を低減します。

血管が健康を保ち血流が良くなることは、体中への栄養供給と老廃物の回収が促進されるということです。これは新陳代謝を活発にすることでもあるので、ある意味最強のアンチエイジングと言えるかもしれません。

糖尿病予防・改善効果

にんにくの糖尿病への効能は主に糖代謝促進を根拠とする場合が多いようです。糖尿病は摂取した糖質を代謝しきれず、血液中の糖濃度が高くなる病気です。

通常、糖質は代謝されてエネルギーに変換されるのですが、この時に欠かせないのがビタミンB1です。ビタミンB1が不足すると糖質を代謝できなくなります。

にんにくの有効成分であるアリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンに変化し、ビタミンB1の吸収と持続性を高めます。その結果、糖質の代謝を促進し糖尿病の予防・改善に役立つというわけです。

 

ブログランキング

amazon でのお買い物

温泉宿ランキング

-ニンニク, 健康, 線維筋痛症, 記事一覧, 食品
-, ,

Copyright© 【線維筋痛症との闘い】闘病記 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。