http://seni.countrylife.shop

線維筋痛症 記事一覧

No.14 妻と別居 そして離婚 【線維筋痛症との闘い】

投稿日:11/10/2017 更新日:

ベッドで寝ていると 妻の足音が寝ている私に ドン ドンと何か文句があるかのように大きく聞こえる 大の大人がただ寝ていることへの当てつけなのか?と思ったり それとも私の心が勝手に罪悪感を感じているのか?

そして別居することになる。

気持ちさえあれば 乗り越えられると思っていた 病気のことは 理解してくれると思っていた 一番近いものでさえ分からないこの病気 喧嘩もイラつく度によくした そのうち段々と直接ぶつかることも少なくなる 苦しくなると何も話せなくなる 嫌なことを言いそうで そして嫌なことは 隠そうとする いつの間にか 気持ちがすれ違っていくことを感じるようになる。いらつく! そんな生活は 長くは続かなかった

そして 離婚!

これからの人生は それぞれ別で歩くことになる 私たちは病気さえしなければ 続けられたのか? 病気で経済的に苦しくなければ 幸せでいられたのか? 分からない 病気になったことで見えてきたこともあった

自分のことだけで精一杯だった私 頑張っている妻のことを気遣う余裕がなくなっていく 又 彼女も私と同じように精一杯だということを 忘れてしまってた

彼女はもっと余裕がなかったんだ 限界だったのでしょう

私は 痛みと日常の不満が重なり 「スマナイ!」と言いながら結局彼女に不満をぶつけていただけではないのか? 彼女は私に甘えることさえも許されなくなっていたのにかばうことができなかった 責めることしかできなかったいつの日か彼女から笑顔が消えてた

彼女の笑顔が好きだったのに

私にとっては 【田舎暮らし】というライフスタイルは大事だった彼女にとっては【生きる】ことが大事で ライフスタイルはその一部だったのでしょう 当たり前か? カントリーライフは【夢 物語】だったのでしょう 結果やっぱり私の方が甘かった? 私は一度しかない人生 好きに生きたかっただけ 収入が少なくても 心豊かに過ごせると信じていました。

そんな 私の生き方に彼女を巻き込んでしまったのでしょうか

病気になって妻や子供に 責任を持てなくなった今もこんなこと 書いても 何か嘘っぽい!

まだまだ私は分かってないかもしれませんね!

夫婦の絆って何か…

幸せって何か

続く No.15 オムロン ネックマッサージャ ブラウン


 

今まであまり知られていない病気をレディーガガさんに公開していただきましたが 日本にも私と同じように 線維筋痛症で苦しんでいる方がたくさんいらしゃるようです

あなたのいいね!が力になります。

少しでも 病気のこと理解していただける方が増えることを 望んでいます。宜しければ いいね!ボタン を押していただけたら幸いです。


ご意見 ご感想 体験談などお聞かせください。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-線維筋痛症, 記事一覧
-, , , , ,

Copyright© 【線維筋痛症との闘い】闘病記 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。